感染症対策

インテルアカデミー・ジャパンの感染症対策について

 

インテルアカデミー・ジャパンでは、選手、保護者の皆様が安心して練習に参加できるよう、以下の通りに感染症対策を実施しております。

 

 

1:健康管理

インテルアカデミー・ジャパン選手、スタッフは全員、独自に作成した健康調査票を用いて健康管理を実施しています。練習当日は受付で検温を実施し、37.5℃以上では参加不可としています。

 

また、選手、スタッフのご家族及び同居されている方々に新型コロナウィルス感染、または感染者との濃厚接触が疑われる場合は、練習への参加をお控え頂いております。

 

2:手洗いの徹底

・ハンドソープ、消毒液の完備。

・練習前、練習後、トイレを使用した後の手洗いを徹底しています。

※動画内ではうがいも行っていますが、感染のリスクを考え現在は実施しておりません。

 

 

3:練習中の対策

・集合時や練習メニュー内でも、可能な限り選手間、コーチ間での距離を取っています。

・スタッフは全員、練習時にマスク、手袋を着用しています。

4:消毒の徹底

・使用したボール、トレーニング器具等は、練習毎に消毒しています。

5:保護者の練習見学

・受付にて、検温と問診表の記入をお願いしています。

・マスクを必ず着用頂き、天然芝箇所での見学。他の見学者との距離を1.5~2m程あけて頂きます。

※動画内では保護者の見学を不可としていますが、7月1日より見学頂けるようになりました。

 

上記記載事項以外にも、日本サッカー協会・連盟のガイドラインに沿った上、独自の感染対策マニュアルを作成・実行しております。

『感染しない・感染させない』を理念に、活動を実施しております。