top of page

2024年2月第二週、サッカースクール練習内容のレポートです!



府中校


府中校ではこの週、「方向転換を伴うドリブル」と「1対GKのシチュエーション」を中心にトレーニングしました。相手選手からボールを奪われそうになった際に、どのようにして方向を変え、開いているスペースにボールを運ぶかを練習しました。さらに、ゴールキーパーと1対1の状況下で、その時々の状況に合わせたシュート方法を実践的に学びました。



八王子校


今週、八王子校では「グラウンダーのボールをインサイドで受ける」と「1人のディフェンダーを越えるための2人組のコラボレーション」に焦点を当てたトレーニングを実施しました。パスが予定の位置からずれた場合でも、狙い通りにボールをコントロールできるよう、受ける前の準備動作に特に注意を払いました。また、迅速にゴールを獲得するため、判断のスピードを高めるトレーニングに取り組みました。






2/10(土) 総合学院テクノスカレッジ東京工学院専門学校との共同企画で、小金井市を拠点に活動する女子中学生サッカークラブ「FC Belta」を対象にサッカークリニックを実施しました。



この日のテーマは、状況に応じたプレー選択の有効性に関する、技術的・戦術的スキルの開発でした。まずは技術、コミュニケーションの要素を含んだウォーミングアップからスタートしました。ボールの受け手はどこにマークを外すか、そしてどのように出し手とコミュニケーションを取るかに焦点を当てました。



その後は、実際に対戦相手がいる中で様々な課題を解決するためのシチュエーショントレーニングを行いました。どのトレーニングにおいても知覚そして反応能力を刺激するよう努めました。



最後は質疑応答、トレーニングの振り返りを行いました。各トレーニングで伝えたキーポイントについてしっかりと答えることができていました。終了後にはスタッフの方からも質問をいただき、有意義な意見交換を行うことができました。




約1時間半のセッションでしたが、皆さまのご協力もありスムーズに行うことができました。私たちにとっても貴重な経験となりました。FC Beltaの皆さま、ありがとうございました!

2024年2月第一週、サッカースクール練習内容のレポートです!


府中校

「様々なボールのインサイドコントロール」と「2人で1人のディフェンダーを交わす」トレーニングに焦点を当てました。

グランダーのボールや空中に浮いているボールをどのようにしてうまくコントロールし、次のプレーにつなげるかについて、具体的な練習を通じて取り組みました。

また、1人のディフェンダーに対して2人でボールを運ぶ際には、ボールを持っている選手の状況を把握し、サポートの動きをどのように変えるべきかを練習しました。



八王子校

「グランダーのインサイドキックとアウトサイドキック」、「1人のディフェンダーを越えるための2人組のコラボレーション」の練習をしました。

アウトサイドキックを含む新たなスキルの習得に挑戦し、瞬時の状況判断が求められるシチュエーションでの2人組みの協働を練習しました。

このようなトレーニングを通じて、選手たちは新しい技術を身につけ、チームワークを深めることができました。




最新記事
アーカイブ
bottom of page